男性看護師に需要はあるのか?男性だからこそ必要とされる役割や見せ場がある!

看護師の就業人数は、毎年3万~3.5万人ペースで増えています。その中、2018年度の男女比率では男性が僅か7.8%!!男性看護師の人数でいうと約10万人ほどいます。

男女の割合でみると少なく感じますが、10年前は5%ほどだったため徐々に割合が増え続けていることが分かります。

そんな男性看護師ですが、男性だからこそ任せられる仕事もたくさんありますし、女性と違う特性を持っているため男性看護師としての役割なんてものもあります。

なので今回は男性看護師の特徴や役割について、また男性看護師に需要があるのか答えていこうと思います。



男性看護師に需要はあるのか?

結論から言いますと、男性看護師に需要はあると思います。

詳しい役割や長所については後々説明しますが、男性だからという理由で患者が僕を頼ったり、安心してくれることはたくさんありました。逆を言えば拒否されることもありますが、患者や女性看護師からすると男性看護師を必要とする場面はたくさんあります。

まだまだ男性看護師の数は少ないですが、男性の割合は少しずづ増えているので、看護師が女性の仕事というイメージが無くなってくるかもしれませんね。

男性看護師の役割・長所

職場の環境が和みムードメーカとして必要とされる

看護師は女社会なのでギスギスすることも多々ありますが男性がその中に入ることで職場の環境が良くなることがあります。実際僕が入職してから、先輩に職場の雰囲気が和んだ!って言ってくれる先輩看護師もいます。

また男性だから聞きやすいこととかもあるため男性看護師が必要とされるケースが多いです。

力仕事を任される

主に体の大きい患者を車椅子に移乗するとき、ベッドからストレッチャーへ移動させるときに必要とされます。

ADLが低下して寝たっきりになった患者や、麻痺のある患者を女性一人で動かすのはとても難しい。。。そのため力仕事として頼まれることが多いです。

また重い荷物を持ったり高いところに物があったときに必要されることなんてあります。

一部の患者に必要とされる

年頃の男性患者に必要とされることが多く、女性に体を見られるのが恥ずかしい、うまく話しずらいなんてことがあります。そういった時男性看護師の出番です。

男性同士だからできる相談や男性だったらケアOKなんて患者もたくさんおられます。そういった患者には役に立つことができます。

また女性患者でも女性看護師だったらクレームを行うけど男性看護師なら心を開いてくれるケースも稀にあります。女性が患者対応に困ってるとき男性が行けば丸く収まることもあるので、男性だから必要とされる患者もたくさんおられます。

男性ならではの視点で看護できる

やはり男性と女性は考えや視点の持ち方が異なるため、患者さんには幅広い観察点で看護を提供することができます。

またカンファレンスでもみんなと違う視点で意見を言うことによって役に立つ部分があります。

先輩に優しくされる

僕は新人なので同期が5人いますが、その中では結構可愛がってもらえている方だと思います。同期と同じ行動をして、僕は注意で同期は怒られる。みたいな甘めに見てもらえることがあります。

また休憩時間いじってもらえたり、僕に興味を持ってもらえるので職場の関係構築も女性に比べると簡単かな?と思う印象です。

しかしみんながみんな優しいわけだはないので真面目にしないと後でひどい目に合います。

父親になったとき頼りになる

将来結婚して子育てするときに父親が看護師なら母親もその家族も頼りにしてくれます。子供が怪我をしたときの処置や緊急時の対応、さらに母親の両親が病気になったときや介護が必要となったときの相談や実際に介護を手伝うなど、人生の医療に関しては頼りになるでしょう。

また看護師は面倒見が良く優しいイメージがあるためとても頼りにされます。

最後に

まだまだ男性看護師は少ないですが、必要とされることも多いようです。男性だからあるメリットも沢山あるのでやりがいを感じられえる部分もあります。

これから看護師なろうか考えいる男性諸君。看護師は大変ですがそれ以上にやりがいがあっていい職業だと思うので目指してみてはどうでしょうか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。