陰部洗浄のボトルは100均で代用できる?洗浄ボトルの作り方と必要なものを紹介

在宅で両親やパートナーの介護が必要になった時、必要に応じてケアが必要になります。

特に寝たきりで、自分で動くことが出来ない人や尿道カテーテルが入っている人には陰部洗浄をする必要があります。

陰部洗浄をするには、洗浄ボトルが必要になりますが、介護用の洗浄ボトルは値段も高く経済的に厳しい価格です。

介護は住宅の改修費や介護用品などでとにかくお金がかかるので、少しでも支出を減らしたいと思いますよね?

そこで、今回は低コストで簡単に作れる陰部洗浄の洗浄ボトルの作り方についてご紹介していこうと思います。

陰部洗浄のボトルは100均で代用できる!

病院では陰部洗浄を行うとき、介護用の陰部洗浄ボトルを使います。

しかし、これが案外高くAmazonなどで値段を見ると2000円近くかかってしまいます

サスナス

ボトルに2000円なんて払えるかー!

構造は100均で代用できるのに、これに2000円払うのは勿体ない!

利用するものはこれ

引用:Watts

オイルボトルです!

オイルボトルに限らずですが、マヨネーズやケチャップの入れ物などでも代用することができます。

本来なら2000円ほどする陰部洗浄ボトルが100円で買えるのでコスパ最強!

しかし容量が少な目なのが欠点です。

そこで次は低コストで作れる洗浄のボトルについて紹介していきます。

自作の洗浄ボトルの作り方・必要物品

自作洗浄ボトルに必要な物品

サスナス

必要なものはこれだけ~

必要なもの

  • ペットボトル(500mlが望ましい)2本あれば十分!
  • 100均の錐

必要なのはこの2つだけです!

ペットボトルは大きすぎると、重くて持ちにくいですし、ある程度の水量は必要なので500mlくらいがベスト!

またペットボトルの蓋に穴を数か所開けるので、100均で錐を用意しましょう!

MEMO
家に電動ドリルがあればより作業がスムーズに行きます

洗浄ボトルの作り方

●難易度:⭐

●所要時間:5分以内

●コスト:0円~100円

ステップ1

500mlのペットボトルを 綺麗に洗う

→使うペットボトルを綺麗に洗いましょう。

ペットボトルが汚染されていると、陰部から菌が繁殖し、尿路感染症のリスクが高くなるので綺麗に洗うように!

ステップ2

●ペットボトルの蓋に穴をあける

用意した錐でペットボトルの蓋に穴をあけて下さい。

穴はたくさんあいていた方がこびりついた便を簡単に洗い流すことができます。(最低5,6個穴を空けよう)

また穴が小さすぎると水が出ないので穴は大きめにあけましょう

サスナス

穴をあけるときは怪我をしないように注意してね

ステップ3

実際に水が出るか確認する

穴を空けることができれば実際に水を手に当てて使ってみましょう!

穴が小さいと水が出にくいし、穴が少なすぎると十分に洗浄することが出来ないので、最終調整をしておきましょう。

ステップ4

●完成

洗浄ボトルはあっという間に完成するので予備に3,4本作っておけば、ボトルが汚れた時に使い捨てすることができます。

普段からペットボトルを使う人なら、実質タダで陰部洗浄のボトルを手作りで使えるのでオススメの方法です。

最後に

陰部洗浄のボトルは自分で作れば介護用のボトルのように使う事ができます。

案外手作りの陰部洗浄のボトルを持っている方は多いので、よかったら試してみて下さい。