看護学生ってアルバイトできないの?勉強量が多く忙しい看護学生がアルバイトを続けるには!

サスナス

看護学生の皆さんはアルバイトってしていますか?

学生の頃は勉強量も多くテスト勉強に追われたり、実習でアルバイトが中々できなかったりします。特に専門学校だとアルバイトを禁止しているところもあるそうです。

しかしそんな理由でアルバイトをしないのは勿体ないです。アルバイトをしながらでも看護師になることはできますし、アルバイトをした方が学生生活を楽しむことができます。僕も実際アルバイトを掛け持ちしていましたし、特別学力が高かったわけではありませが、結果看護師になることができました。

アルバイトをするうえで、勉強と両立させるためのスケジュール管理やバイト先をきちんと選ぶ必要があります。

今回は看護学生がアルバイトをするうえで気を付けなければいけないことを書いていこうと思います。

アルバイトを見つけるならマッハバイト!

マッハバイトは地域や路線、職種、特徴など、こだわり条件を叶える検索システムが搭載されていて

バイトの採用が決まればお祝い金最大で1万円を貰うことができます。

どうせアルバイトをやるなら、お祝い金を貰えた方がお得ですよね!

他のアルバイトサイトやHPからの応募だとこのようなサービスが無いのでマッハバイトは利用するべき!


看護学生はアルバイトできないの?

看護学生でもアルバイトはできる

結論言いますと、看護学生でもアルバイトをすることは可能です。

実際に僕もアルバイトをしていましたし、クラスメイトの半分以上がアルバイトをしていました。

しかし、一般的な大学と違って勉強量が多く、シフトを入れれない事が現状です。

なので、学校の定期テストや課題に対して柔軟にシフト変更ができるアルバイト先を探す必要があります。

サスナス

曜日固定や週に必ず3回以上入ることが条件のバイト先は難しいかも

学業を中心に考えたシフトを考える必要がある

看護師免許を取得するには医療の専門的な知識が必要となってきます。

0からの勉強になるので勉強しないと国家試験に受かることもできません。

アルバイトはたくさん入れば月に10万円ほど稼ぐ事ができるので、つい目先のお金に眩むことがありますが、国家試験に合格しないと看護師にはなれないので、課題やテスト・国試勉強の時間を確保したうえでシフトを考える必要があります。

看護学生はいつまでアルバイトを続けることができるの?

結論、アルバイトは3年生の学校の場合2年生の末までしている方がほとんどです。

最終学年になると、国家試験・看護研究・実習とこれまでとは比にならないくらい忙しくなるのでアルバイトをする余裕がありません。

最終学年になってもアルバイトを続ける人は何人かいますが、国家試験勉強を人並み以上頑張らないといけません。

看護学生がアルバイトをすることで得られるメリット

まず看護学生がアルバイトをするうえでどのようなメリットがあるのかまとめてみました。

・給料で好きなものを買うことができる

・アルバイト環境が良ければ気分転換できる

・学生の頃から社会経験できる

・アルバイト先での出会いがある

・働くアルバイト先特有のスキルが身につく(接客・マナー・料理)

高校の頃はお小遣い制で好きなものを買うことができませんでしたが、アルバイトをすることで好きなものを買うことができるので学生生活が充実しました。

看護学生がアルバイトをすることで得られるデメリット

・時間が取れず勉強がおろそかになる→国試や実習に影響する

・病院以外の社会環境を知れない

・アルバイトで疲れる

・お金が稼げない→好きなものを買えない

・お小遣い制になると親に負担がかかる

アルバイトのせいで将来が台無しになると元もこうもありませんので、きっちりアルバイト先を決めたり、スケジュール管理を行うことでアルバイトを続けるとこができます。



シフトの融通が利くアルバイト先を選ぶ

まずアルバイトをする上で一番重要なのがアルバイト選びです。

看護学生は試験や課題の量が多く融通の利くアルバイトでないと続けるのが難しいです。そのため看護学生のことを理解してくれるバイト先が良いと思います。

融通の利くアルバイトを選ぶうえで必要な条件はざっとこんな感じです。面接のときに聞くといいですね。

・週刻みでシフトが組める

・週1、2回勤務でもいいのか(時間あるときはたくさん入れることも伝える)

・看護学生がいるorいた職場である(忙しさを理解してくれる)

・忙しいときは3時間勤務でもいいのか

看護助手・介護のアルバイトはおすすめしない

看護学生の頃はとにかく不安が多く看護スキルを身に付けたいという思いが強くなります。

だからと言って看護助手や介護のアルバイトをするのはやめておいた方がいいでしょう。まずそれらのアルバイトは1回勤務の拘束時間が長く激務であることが多いです。その上アルバイトだけで看護スキルを身に付けるのは難しく同級生と差も付かないでしょう。何となく仕事の流れが分かるかもしれませんが、実際免許取って働いたらすぐスキルは身につきます。

看護師になったら一生看護の仕事に就くので学生の頃は好きなアルバイトをやってみてはどうでしょう。

まかないを食べたいから飲食店を選んだり、映画を安くで見たいから映画館で働いたり。学生の頃はいろんな職のアルバイトを経験できますので、看護師になる前に自分の趣味を活かせるアルバイトをやってみてみましょう。

無理なシフトは入れない

アルバイトをしているとついお金の欲に負けて無理矢理シフトを入れようとします。

学力があればいいと思いますが、僕の場合は学力がなかったのでテスト前の二日間は休んだり、勤務時間短縮を希望してスケジュール管理をきちんと行っていました。

アルバイトのせいで単位を落としたり留年になったら大変ですからね。急なシフト変更はアルバイト先にも迷惑がかかりますので実習が始まる期間やテストの日程など決定したら早めに伝えておきましょう。

実習中は休ませてもらう

実習期間中は無理にアルバイトをするのは止めましょう。

実習は週4回or5回あると思います。なので僕は次の日が休日である前日の夜に勤務したり、休日の早朝にアルバイトをしていました。

実際実習中は週1or2回の三時間しか働いていません。それくらい融通の利くアルバイトを探すといいと思います。

僕はアルバイト先の仲間が大好きでいい気分転換になっていたので実習期間中も少し働いていましたが、実習に支障が出るようなら完全に休んでしまうのもありだと思います。



最後に

アルバイトはビジネスマナーを学べますし、お金が手に入るので学生生活が充実します。しかし欲に負けると実習や国試に響くのでスケジュール管理はきちんと行いましょう。

アルバイトをせずおこずかいを貰いながら生活する看護学生も沢山いますが、アルバイトでのスキルは今後何かの形で返ってきますしやっていて損はないと思います。

僕は楽しいアルバイト先に出会えたので一生の思い出になりました。できるなら戻りたいくらいに。

もし今アルバイトを考えているのであれば是非無理のない範囲で始めてみましょう!

アルバイトを探すならマッハバイト

アルバイトを探すのって結構大変ですよね。

求人サイトの中でもマッハバイトは特におすすめです。

⭐おすすめする理由はこちら⭐

・マッハで自分の行きたいバイトが決まる

・21万以上を超える豊富な案件

・採用されたらお祝い金が最大で1万円もらえる

公式HP➡マッハバイト

他のアルバイトサイトだとお祝い金がもらえないので同じ職場で働くならマッハバイトの方がお得だと思います。

求人はたくさんあるので一度落ちたから落ち込むのではなく切り替えして自分に合ったアルバイトを見つけよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。