看護学校で使う陰部モデルとは?看護学生がモデルになることがあるの?

看護学生の頃は座学のほかに看護技術の練習をたくさん行います。

その中で陰部モデルというものがあることをご存知ですか?

これは主に陰部を使った看護技術の練習(陰部洗浄や膀胱留置カテーテルの挿入)に使われます。

看護学生なら誰もが知っていると思いますが、知らない人もおられるので今回は陰部モデルについて解説していこうと思います。

この記事で分かる事!

  •  陰部モデルとは?⇒画像あり!
  • 看護学生が行う陰部洗浄の技術練習の実態

【画像あり】看護学生が使う陰部モデルとは?

引用:株式会社 坂本モデル

まずは陰部モデルを知らない人に解説します。

陰部モデルとは看護技術の練習で使われる陰部の形をした模型のことを言います。

女性用と男性用があって、どちらもベルトで体に外付けすることができるので、実践に近い形で援助の練習ができます。

サスナス

これが結構高級品で10万円以上するんだよ!

陰部モデルが使われる場面は?

看護学生は患者に行う技術のスキルが身についていないため、学内で技術練習をたくさんする必要があります。

基本的に陰部モデルを使った看護技術の練習はこの3つ

✔陰部洗浄

✔膀胱留置カテーテルの挿入

✔おむつ交換

本物に近い模型を使うことで、看護スキルが上がります。

※なので陰部モデルとは看護学生が本物のモデルをするわけではなく模型のことを指します。

何故陰部モデルが必要になるのか?

看護師になると陰部洗浄は毎日のように行う基礎的な援助になります。(感染予防のため)

しかし看護学生に頃は、学生同士で出来ないので、陰部の援助技術を取得するには実習で実践するしかないですよね。

そういった経験を積むためにも、陰部モデルを使って模擬練習をします。

また女性の尿道と膣が分からない人もいるので、尿道留置カテーテルを挿入するときに尿道の位置を確かめるときなどに役に立ちます。

陰部洗浄でさえきちんとした手順があるので恥ずかしながらも皆さん真剣に取り組みます。

MEMO
膀胱留置カテーテルの挿入は医療行為になるので、看護師の資格を持っていない看護学生は実践できません。ちなみに注射や喀痰吸引もできないので、模型を使って技術練習を行います。

女性が男性のものをつける事もある

看護学生のほとんどは女性なので、男性の陰部を女性が装着することがあります。

ズボンをはいた上からベルトを使って装着することになります。

サスナス

男性と女性で洗い方が変わってくるのでそこも勉強だね

羞恥心は伴いますが、患者の立場として体験することができるので、どういった所を配慮しなければいけないのか、勉強になります。

技術練習で自分の陰部を見せることはあるのか?

結論言うと、自分の陰部を見せて陰部洗浄の練習をすることはありません。

サスナス

プライバシーはしっかり保護!

また陰部洗浄や全身清拭などは、基本男性と女性のチームに分かれて練習を行いカーテンを仕切られて練習するので、異性を気にせず技術練習を行うことができます。

※ちなみに陰部モデルはAmazonで購入することができるのでリンク貼っておきますね!

Amazonで買う(男性用) Amazonで買う(女性用)

陰部洗浄の手順は?

陰部洗浄の手順は男性と女性で少し違います。

違うといっても洗浄方法が違うだけなので、準備物や行う体位などは一緒ですが。

動画付きで手順が載っているのでこちらもチェックしておきましょう。

陰部洗浄の準備物や手順について

他の援助で自分の体をみられる事はあるの?

僕らの学校では、完全男女グループが分かれていたので同姓同士の援助練習になりました。

陰部洗浄のほかに寝衣交換や全身清拭の練習がありましたが、その時は下着一枚になったりパンツ一丁になることはあります。

しかし嫌なら服は着る事ができましたし、男性が覗かないように教員が目を光らせていました。

最後に

陰部モデルについては理解できたでしょうか?

陰部モデルは誰かがモデルになるわけではなく陰部の形をした模型を指すので勘違いしないように。。

看護技術を取得するために看護学校にはいろんなアイテムがあるので今回はその一部を紹介してみました。

参考になれれば有難いです。