看護助手のアルバイトは実はきつい?現役看護師が実際の仕事内容を解説

サスナス

実際看護助手がどのような仕事をされているのかご存じですか?

今回は看護助手の業務内容や仕事のきつさなどについて記事を書いていきます。

病棟看護師としての視点で記事を書くので、リアルな内容をお伝えすることができるかと思います。

看護助手を考えているけど仕事内容や給料、スキルに不安があるなど、様々な疑問に対して記事を書いているので是非最後まで読んでみて下さい。

\アルバイト情報なら“マッハバイト”/

看護助手やそのほかの職種を幅広く探すことができます。

1日でも早く働きたい人はまず無料登録!

看護師と看護助手の仕事内容の違い

看護助手と看護師の違い

看護師と看護助手の主な違いは、看護師免許をもっているか無資格の違いです。

そのため患者に行えるケアに限りがあり、点滴や、採血、処置などは行えません。また状態の悪い患者や禁忌肢位のある患者にケアをすることもありません。

※あくまで看護助手は看護師の助手であり、仕事内容は看護師から依頼されます。

サスナス

ざっくりとした看護師bと看護助手の違いはこちら
  • 点滴や処置などの医療行為は看護師
  • 医療行為の無い簡単な患者の世話をするのが看護助手

簡単に言ったら医療業務をするかしないかの違いです。

主に患者の責任は看護師が取るため、看護師が助手に依頼できる簡単な業務を任されます。

看護助手の時給・給料について

看護助手の平均年収は303万円。日本の平均年収より少し低い傾向にあります。

月の給料で計算すると25万円。初任給は19万円程度が相場になるようです。

また派遣社員やアルバイト・パートの平均時給は1000円~1200円です。アルバイトの時給としては高い方かもしれませんが、看護助手でも責任は重大。日によっては業務量も多いため、わりにあっているかと言われると微妙なラインかもしれません。

※参考先:求人ボックス

また看護助手にも夜勤があります。一回の夜勤で大体5000円~1万円ほどの手当てがあり、給料アップした人には夜勤専従の看護助手もありかと思います。

MEMO
夜勤は比較的業務量が少なく、患者も寝ているため、基本的に外回りの仕事が多いので日勤に比べるとゆったりしています。

看護助手の業務内容

サスナス

では看護助手の業務内容についてみていきましょう!

おむつ交換 食事介助

看護助手でもケアをすることがあります。基本的におむつ交換や食事介助。嚥下レベルが悪い患者の食事介助や、褥瘡のある患者のおむつ交換は基本看護師がします。

比較的状態が落ち着いている患者さんを任されます。

そのため、ケアのスキルがない、看護学生や介護職を目指す方におすすめです。

シーツ交換

患者のシーツ交換は看護助手が行います。病院によってはシーツ交換をしてくれる業者もあるとか。

シーツ交換は患者が退院した後に作ったり、定期的な交換日に行います。

ベッドは患者が入院する上で一番大切な場所であり、シーツ交換は重大な仕事です。

患者が安楽に睡眠をとれるように、また状態の悪い高齢者には褥瘡のリスクがあるためしわのないきれいなシーツ交換が求められます。

患者の送迎

入院される患者は検査レントゲン・手術出しなど階をまたいで移動します。

看護師が送迎すれば他の患者が見れなくなるので看護助手が送迎することが多いです。

また、ベッドで移動する場合は介助者が2人必要なので、看護師と看護助手で移動します。

患者と買い物・おつかい

患者に買い物やおつかいを頼まれることがあります。足が不自由な患者さんを売店に連れていったり、入院に必要中にものを買いに行ったり。

時々ですがそのようなこともあります。

ごみ処理・清掃

おむつ、ガーゼ・点滴などいろんなものを捨てるのでゴミがすぐに貯まります。そのゴミ箱が貯まればゴミを捨てて新しい袋を用意しなければいけません。

サスナス

看護師が医療行為に集中できるように外回りを任されます

ゴミ処理以外にも、失禁した床の掃除やトイレ掃除、尿器等を洗う仕事もあります。

物品の整理・補充 環境整備

物品が足りないと患者に必要なケアができなくなります。それを防ぐために看護助手が物品補充を任される事があります。

また医療の現場では高齢者も多く、病院が汚染されていると感染症のリスクがあります。そのため病棟や病室の清掃、環境整備を行います。

その他患者さんの病室のレイアウトを変えたり、病室移動をするときに看護助手が手伝う事もあります。

看護師とケアに同行し介助を行う

介助量の多い患者のケアをするとき看護師一人では難しいですよね。

そんな時に看護助手に手伝ってもらい、2人でケアを実践することがあります。

看護師と2人でするケアとは

  • 体位変換
  • 清拭や陰部洗浄・シャワー介助
  • 車椅子移乗
  • ストレッチャーへの移乗

 

看護師と一緒にケアをするわけですから、この時に看護スキルを学ぶことができます。

看護助手の年齢層

年齢層は幅広く20代~50代くらいまで。看護師をリタイアして看護助手をする方もいるようです。

また、看護学生が看護スキルを身に付けるため看護助手として働くケースも少なくはありません。

サスナス

看護師との距離が近いから看護スキルを見て学ぶ事ができます

看護師から看護助手はどう思われているのか

一つのチームとして患者を支える

看護助手も医療チームの一員です。

患者に異変があったとき報告できればそれで患者の安全を守ることができます。たかが看護助手と思わず、責任をもって業務に取り組んでほしいと思います。

いつも助かっている(看護師は患者に感謝され、看護助手は看護師に感謝されます)

看護師がケアした後に、ごみを片づけてくれたり忘れた物品をすぐに持ってきてくれたりいつも感謝しています。1年目の看護師は時に感謝する場面が多いと思います。このような支えがあるからこそ、業務がスムーズにいき患者に必要な看護を提供することができているのだと思います。

看護助手として働くメリット

・看護師を目指すなら看護業務の流れが分かる

・簡単な看護スキルが身につく

・将来役に立つ

・無資格で医療スキルを身に付けることができる

・資格がなくても医療現場で働くことができる

・介護や看護師の就職活動で役に立つ

・介護士と比べて医療スキルを磨くことができる

看護助手として働くとメリットが多いので将来看護師や、介護職を目指す方にはお勧めですね。

看護助手として働くデメリット

・外回りの仕事が多くやりがいを感じない

・看護師にこき使われる

・日によって業務が忙しく給料に見合っていない

・雑務が多く汚い仕事が多々ある

・看護助手の立場でも責任は重大(気を付けないと命の危険が)

・ベッドで移送や入浴介助など身体的な負担が大きい

・病院勤務だと土日祝に働かないといけない可能性がある

このように看護助手にもデメリットはあります。

社会人ならわかりますが、学生時代の頃から看護助手をするのは少し過酷かもしれません。仕事がハードで勉強の両立が難しい。看護学生の方は学生の時にやりたいバイトをすればいいと思います。看護助手は看護師と業務内容が違いますし、看護スキルを得ることができるのも微々たるものです。(それなら勉強をしっかりすべし)

しかし給料も時給換算では高く、人と関わるのが好きなのであれば看護助手をするのもありです。看護学生なら積極的に質問するのもありかと思います。

まとめ

看護助手は医療スキルを学ぶことができる職業になっています。そのため責任を問われることもあり、仕事も過酷です。そのため、給料だけで看護助手を選ぶと少しきついかもしれません。

何を目的として看護助手をするのかが大切になってくると思います。看護師として看護助手の数はもっと欲しいものです。看護助手をされる方はぜひ検討してみて下さい。

\アルバイト情報なら“マッハバイト”/

看護助手やそのほかの職種を幅広く探すことができます。

1日でも早く働きたい人はまず無料登録!