看護学校の選び方はここを抑えておけ!将来看護師になるために知っておきたいこと。

看護学校なんてどこ行っても同じだと思っているあなた。めちゃくちゃ大事ですよ!

看護師になるには看護学校にいって必要な単位を足らなければいけません。なおかつ2月の看護師国家試験に合格しなければいけません。3,4年通う学校ですからしっかり学校の特性を理解したうえで入学することを奨めます。

 

入学生と卒業生の数を確認

まず入学数卒業生の数を確認しましょう。

よく看護師国家試験合格率100%とホームページに記載されているところがあります。

しかし中を見れば留年したり、学力の低い人を受験させずに、合格率を上げようとしている学校があります。

入学当時50人いたのに卒業式の時には40人。けど合格率は100%って結局看護師になれたのは全体の8割なんてこともありますから確認しておきましょう。

オープンキャンパスに行く

資料請求したりホームページを見るより、実際学校に足を運んだ方が学校の特性を理解しやすいと思います。

実際に在学生の声を聞くことでキャンパスライフを想像しやすいですし、男性の方なら男女比を聞いておいたりするのもいいでしょう。また看護学校の設備にはムラがあります。最低限の設備で授業をするのか・それとも最新の設備で授業するのかを考えると最新の方がいいですよね。

専門学校と大学を比較すると、大学の方が設備が整っていますが、専門学校でも設立が新しいところは最新の設備が置かれていたりします。

提携病院があるか

学校に提携病院があるのとないのでは全然違います。

提携病院がないと実習の領域ごとに色々な病院に行かないといけないし、最悪実習先が確保できないなんてこともあります。実習は8時半から9時に始まることが多く、自宅から遠いと身体的にもに疲れます。実習は睡眠時間が何といっても大事です。実習先の病院が自宅から近い距離にあるのかも確認していきましょう。

専門学校と大学どっちがいい?

では専門学校大学はどっちがいいんだろ?と思いますよね。ではそれぞれ比較していこうと思います。

僕は専門学校の方がいいと思います。大学に比べ授業のスピードが速く短期集中型ですがその分即戦力になります。また専門学校は大学に比べ学費がかかりません。

その分憧れていたキャンパスライフを憧れてスパルタ学校に入学することになりますが、卒業して感じるのは専門学校の方が良かったと思います。

●専門学校

・サスナスは専門学校がオススメ!

・3年で看護の基礎知識を取得するので勉強量が多いが、その分即戦力になる

・学費が安い

・病院と提携していることが多い

・教員との距離が近く教育に熱心

・スパルタ高校に3年通っている気分(学校は大学の体育館サイズ)

高校生の頃大学と専門学校でどっちにするのか両親とよくもめました。

だって専門学校なら年間50万~100万あれば通えるのに大学なら年間200万以上かかりますからね。個人的に大学の売店や大きなキャンパス、自由に受けれる講義とかに憧れていました。

お金に余裕がある人や自分で大学費を払うなら大学でもいいかと思いますが、親に負担を掛けたくないのであれば、専門学校の一択ですね。一応特徴をまとめておきます。

●大学

・学費が高すぎる(専門学校の倍以上)

・設備が整っていて綺麗

・人数が多く交流がある

・4年生であるため時間に余裕がある

・夢のキャンパスライフ(バイト・空コマ・売店・平日休み・施設が大きい)

・看護師になってから給料が3年生より1万円程度多くもらえる

最後に

早い段階から学校の資料請求をしたりオープンキャンパスに行って情報収集しておきましょう。

その中で自分は何を重視するのかをしっかり考えて学校選びができるといいですね。学校選びは大事なので、適当に決めると大変なことになるので、在校生の声や口コミなども聞いておきましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。