看護師になると教科書はどうするのが正解?2年目の現役看護師が自分の体験談を踏まえ解説!

看護学生の時に買った山積みの教科書をあなたはどうしていますか?

いつか使うだろう」と思って置いていませんか?
一人暮らしの方だと、部屋のスペースを取るので捨ててもいいなら早めに処分したいですよね。

看護師になってからでないと教科書をどうするべきなのかわからないと思うので、

今回は、2年目の現役看護師が看護学生の時に買った教科書をどうするべきなのかご紹介していこうと思います。

今回の記事内容

  • 看護師になると教科書はどうするべきなのか?
  • 教科書をお得に処分する方法
  • 看護師になるとわかる教科書の必要性

看護師になると学生時代の教科書はどうしてるの?

1年目の時は教科書を全く使わなかった

僕は看護師になってからも教科書は使う物だと思っていたので、大事に自分の部屋に置いていました。

しかし、2年目になった今も教科書は全く使わなかったです。

自分の診療科や看護技術などは勉強するときにちょこっと、教科書を使いましたが、成人看護学や心理学・統計学などは一切使わなかったです。

また今ではネットに分かりやすく疾患や検査の方法を記載しているので教科書に頼らず勉強することが出来ました。

教科書は卒業するときに処分すればOK

結論言うと捨ててOKです。

周りの看護師に聞いてもほとんどが教科書を開いてすらいません。

自分の診療科の教科書や看護技術の教科書は持っておけば無難ですが、それ以外の教科書は全部捨ててOKです。

いつか使う。。。」と思ったあなた!
僕の経験上、教科書が無くて困ったことはありませんし、時間が経てばたつほど捨てるのが面倒になるので早めに捨てることを勧めます。

勉強資料は病院が手配してくれた

僕の病院では、自分の診療科の参考書がたくさん置いてあるのでその参考を利用して学習していました。

また先輩から過去の研修の資料をもらえるので、学校の教科書を使うことなく上手い事学習出来ました。

病院によれば、病院の付属の図書室があったりもするので、そういった方は図書室で参考書を買うと効率よく勉強できますね!

看護師になれば必要な参考書は買える

看護師になれば収入ができる

看護師になれば給料がもらえます。
看護学生の時と違って稼ぐ力があるので、参考書くらい自分で買えるようになります。

看護学校の教科書って読みにくいですし、入学当時に買ったものなので内容が少し古めです。

本屋さんに行けば専門的な最新の参考書がたくさんあるので、必要な参考書は買えばいいと思います。

サスナス

最新の参考書を買えば勉強効率もUPだね

看護師になるとより専門的な参考書が必要になる

看護師になると分かりますが、教科書には臨床に必要な知識が載っていない事が多い。

大事な根拠であったり、より専門的疾患・治療が記載されていないんです。

こういった学習をするには専門的な参考書を利用するか・ネットで学習するかですが、教科書は役立たずになるので、参考書を買うのが手っ取り早いです。

先輩に聞けば為になる参考書を教えてくれるので、先輩に聞いてからおすすめの参考書を買うのもいいですね。

結局教科書はどうするのが正解?

高価買取サービスを利用する

僕が一番おすすめするのが、専門書の高価買取サービスを利用することです。
大量の教科書を捨てる事になると手数料がかかる地域もあるので、買取サービスがお得!

その中でもおすすめなのが、メディカルマイスターというサービスです。

実際に1万円を超える買取も多数実績としてあります。

流れも簡単!

おすすめの理由

  • 書き込み・押印・汚れがあってもOK
  • 自宅で買い取りが完結
  • 発行後1年以内なら定価の15~30%以上保証される
  • 送料・手数料がかからない(必要なら段ボールの無料プレゼント付き)

ホームページには実際の買い取り実績を公開しているので、買い取り実績を確認してから依頼してみるのもありですね!

メディカルマイスターについて詳しく解説しているので、そちらの記事もチェック!

【必見】書き込んだ看護の教科書を買い取りしてくれるサービスって知ってる?

後輩にあげる

もしかすると後輩が教科書を欲しがっているかもしれません。

僕のように、教科書を無くす馬鹿者がいるので、そういった人に必要な教科書を上げるものいい使い方ですね。

教科書以外にも看護技術の参考書や、国試関連の資料も要らないのであればあげるといいと思います。

メルカリ・ヤフオクで売る

少し手間がかかりますが、メルカリやヤフオクは高価で売れる事があります。

まとめ売りや、分野別で出品すれば案外売れます。

ブックオフはあまりおすすめしない

ブックオフは買取額が異常に低いです。
医学書院の教科書だと一冊1円とか値段が付かないことがあるので、教科書を処分したい人にはいいかと思います。

ブックオフは書き込みがあれば売れないので、書き込みが多い看護学生には不向きだと思います。

まとめ

結論、看護師になってから教科書は使わないのですべて処分してください!

必要な参考書は看護師になったら、いくらでも買えるので、

古くて分かりにくい教科書より参考書を使って勉強しよう!

処分の仕方は人それぞれですが、買い取りサービスを利用すれば、そのお金で新しい参考書を買う事ができますし、

節約にもなるのでおすすめです。