【看護師国家試験】QBの解体方法とファイルの作り方について。用意するものは100均のこれだけ!

看護師国家試験の参考書で有名なQB(クエスチョン・バンク)ですが、持ち歩くにはちょっと重いですよね。

なので分厚い参考書を解体して分野ごとにファイルしていくのが主流になってくると思います。

解体した方が、分野ごとに勉強できて自分ができたところを知ることができますし、解体作業は絶対にやっておくべきです。

今回は僕も実際に行ったQBの解体方法とファイルの作り方について紹介していこうと思います。

QBの解体方法について

看護師国家試験のQB参考書は、解体しやすいように切り取り線があります。

サスナス

穴も元から空いてるよー!

なので、カッターやハサミは不要です。

しかし注意してほしいのは、一気に解体すると、紙が破けてしまうリスクがあります。

参考書のページはとても多いですが、10ページ以下で切り取るようにしましょう。

破れない切り取り方法

手順1
切り取り線に折り目を付ける
どうしても破れて欲しくなければ、まずは折り目を入れましょう。折り目入れることによって綺麗に切り取ることができます。
手順2
1㎝程切り取る
一気に破ると、折れ線通りに切り取れないことがあるので、一旦1㎝ほど爪を使って切り取りましょう
手順3
片手で参考書を抑えて真上に引っ張って切り取る
上手く切り取るために机に参考書を置いて、立ちながら切り取ると綺麗にできます。ポイントは机に対して切り取る紙が90°であることです。ゆっくりと垂直に切り取ることで折れ線通りに切り取れます。
手順4
分野ごとに分けておく
QBは成人看護や老年・精神など分野がたくさんあります。ファイルするときは分野ごとに分けるので、解体したうちから、分野ごとに分けておきましょう
手順5
ファイリング
ファイルの作り方は後で解説
MEMO
解体にはとても時間がかかりますが、丁寧にしないと破けてしまうので慎重に切り取りましょう。集中力が切れたら、時間をおいてできればいいですね

 QB看護師国家試験問題 解体するメリットは?

サスナス

解体に時間がかかるけどその分メリットがあるんだよ!

QBの参考書を解体するメリットについて簡単にまとめてみました!

・持ち運びが楽

・分野ごとの勉強がしやすい

・分野ごとの表紙に「正」を書けば自分のやった回数が分かる

・解体すると、参考書が薄くなるからやる気がでる

そのままの形で利用するものできない事は無いですが、重いし使いずらいし、いい事があまりないので、よっぽどのこだわりがない限り解体してファイリングすることがおすすめ!

ファイルの作り方には100均のファイル閉じを利用する

100均の書類閉じがコスパ最強

100均に行けば書類閉じが売っているので、ダイソーやセリアで購入しておきましょう。

A4のファイルに閉じる人もいますが、閉じる量が多いのでお金がかかりますし、持ち運びがしにくいです。

僕は、この書類閉じ+クリアファイルで保護していました。

一番コスパがいいですし、恐らく看護学生のほとんどがこのファイルリングの仕方だと思います。

先ほど分野ごとに分けるといいましたが、内容の薄い分野だと3,4枚しかないので、そういった分野は少ない者同士でまとめればいいと思います。

最後に

ファイリングには時間がかかるので、国家試験直前に解体しないように購入したすぐから取り掛かりましょう!

 

ちなみに2022年版のクエスチョン・バンク 看護師国家試験問題解説2022は4/16日に発売です。

Amazonなら予約することができるので早速予約しておこう!

Amazonで予約する