看護師国家試験は何回まで受けることができるの?卒業すれば受験資格は消えない?!

国家試験は年に1回しか受けることが出来ないので、不合格になると、次受けるのは、来年になります。

落ちた人はじゃあ次も落ちた場合受験資格って残っているの?って思いますよね。

今回は看護師国家試験は何回までうけることができるのかお伝えしていこ言うと思います。

卒業さえすれば受験資格は消えない?

結論から言うと、看護師国家試験は何回でも受けることができます。

国家試験の受験資格は看護学校に卒業さえすれば、受けることができます。

なので、受験資格が消えることなく合格するまで永遠に受けることができるのです。

しかし国家試験を何度も不合格になってた人に就職先があるのか?ってところですよね。

恐らく就職できるのは給料の条件が低い所や、人手の足りないところでしょう。

就職先を探すのであればこちらの記事がオススメ

【ストレスから解放!】新人看護師にオススメする転職サイト5選

看護師国家試験の受験資格を振り返ってみよう

看護師国家試験の受験資格認定は厚生労働省HPより確認することができます。

簡単にまとめると、看護学校で、認められた単位を修得して卒業すれば、看護師国家試験をうけることができます。

外国人が受験する場合はいくつか条件がありますが、日本人なら卒業さえすれば何回でもトライすることが可能ってことが分かります。

国家試験に合格する勉強方法

国家試験を何十回も受けたい人なんていないでしょうね。

国家試験に不合格する人って。

・勉強不足

・勉強の仕方が間違っている

大まかにこの二つだと思います。

国家試験の出題範囲は膨大ですし、国家試験対策は非常に重要になってきます。

まとめ

結局看護師国家試験は看護学校に卒業さえすれば、何度でも受験することができます。

しかし何度も国試を受ける人を受け入れてくれる就職先も少ないでしょう。国家試験は一発で合格できるように早めに対策しておきましょう!