点滴の滴下数を3で割るのはなぜか?国試でも出題される滴下問題についてわかりやすく解説

病院のよっては薬剤ラベルに滴下を記載してくれてる所もあるそうですが、ドクターからの急な指示で

医師

○○○㎖を〇時間で落として

と指示を受け滴下数を計算しなければいけない。なんてことがあると思います。

僕も滴下数の計算は苦手でしたが今では間違えることなくマスターすることができました。
今回は点滴の滴下数計算が苦手な人に簡単に計算できる方法について紹介していこうと思います。

点滴の滴下数の計算方法

小児用ルート(60滴/㎖)

まずルートには成人用小児用があることを知っていてください。

ほとんどの方は成人用のルートを使われると思いますが小児用は計算しやすいのでまずは小児用を理解しましょう!

小児用ルートは60滴で1㎖投与されます。

小児用の計算は 輸液量÷時間(H)で一分間の滴下数が求められます。 

超簡単‼

サスナス

例)500㎖を6時間で落としたい場合

500÷6=83.333…. つまり一分間で83滴落とす。これだけです。

手落としの場合は、もう少し具体的に知りたいと思うので、一秒あたり何滴必要か調べます。1分は60秒だから60で割るだけ。

83÷60=1.3833….  つまり1秒当たり約1.4滴くらい落とせればOKということです。

これで小児用はマスターできましたね。

成人用ルート(20滴/㎖)

では次は成人用ルートです。

成人用は20滴で1㎖ 。つまり200滴落ちれば10㎖投与することになります。

小児用ルートとの違いは、滴下数が3分の1少ないということです!小児の滴下数に÷3すればOK!

では成人用ルートを使った滴下数はなぜ÷3が出てくるのか?

それは小児用のルートで求めた滴下数に÷3をすれば成人用の滴下数を求めることができるからです。

先ほどの小児用の例を使うと

例)500㎖を6時間で落としたい場合

500÷6=83

つまり1分あたり83滴で落とすからそれに÷3をします。

⇒すると、1分あたり約27.78滴と出ます。

1秒あたり小児用では1.3833だったから、

1.3833÷3で1秒あたり0.4611滴と出ます。

成人用は 輸液量÷時間(H)÷3で求めることができます。

三分の一を掛けるor3で割ればOK

サスナス

時間が30分の時

6時間とか8時間のやり方はわかったけど、30分だったらどうするの?と思いますよね。

簡単です。

小児用の公式を使いますが、輸液量÷時間(H)のこのHが1時間をさしています。

つまり1時間だと公式にには1が入ります。

じゃあ30分だったら?⇒1時間の半分だから0.5を公式の中にいれてあげるだけ!

15分だったら0.25を公式に入れるだけ!!

0.5時間は30分ですから。落ち着いて計算すると簡単に求めることができます。

滴下数の計算に電卓は必要??

正直必要だと思います。計算ミスすることがないし、スピードも速い。

10年たつ先輩でも滴下の計算は電卓ですし、適切な量を投与しないと適切な治療が受けられないですもんね。

薬剤の過剰投与は患者の命に関わりますから電卓を持っておきましょう!

 

しかし電卓はポケットに入れると邪魔ですよね。。。だから僕はPHSの電卓機能を利用しています(笑)

オススメの電卓について記事を書いているのでそちらのリンクも貼っておきますね

最後に

初めのうちは、滴下数の計算ミスをすることも大いにあり得るので、計算式が合ってるか不安に感じるときは先輩に相談し、ダブルチェックしてもらいましょう。

国家試験には点滴の滴下数だけでなくたくさんの計算問題が出題されます。

⭐酸素ボンベの計算式を知りたい人はこの記事がおすすめ⭐

酸素ボンベの計算式は覚えれば簡単!例題を使って分かりやすく解説します

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。