看護師のあなたは休日何をしている?寝てばかりいるなら少しでも気分転換しよう!

サスナス

医療従事者って荷が重すぎるよー

今コロナ禍で全国各地で自粛要請が出ています。その中僕ら医療従事者はコロナと向き合っているわけですが、どの病院も過酷であると耳にします。

その中でも仕事だけでなくプライベートまでストレスを抱える方がいます。

医療従事者として感染を拡大させないために外出を自粛しないといけませんし、「感染して○○病院の○○がコロナ陽性」ってニュース沙汰になるのだけは避けたいと思うはずです。

それほど医療従事者はコロナに仕事もプライベートも縛られているのが現状。

その中でもできるだけプライベートを充実させる方法について今回は紹介していこうと思います。

休日寝てばっかりならやって欲しい事

自粛期間中にプライベートを充実させるにはやはり自宅でこもるか、人手の少ないところで外出するしかないですよね。

考えればプライベートを充実させる方法はたくさんあるのでいくつか紹介していきます。

自宅で映画を見る



病院によっては不要不急の外出を制限されているところもあるとか。

そういう方には映画がおすすめ!アクションや恋愛・ホラーなどジャンルはたくさんあるので自分の好みの映画を探してみてはいかがでしょうか?シリーズものを見ると1日なんてあっという間ですよ。

今ならU-NEXTで30日間無料で映画やドラマを見ることができるのでこの機会にお試し下さい!

看護師必見 映画・ドラマ・アニメを無料で見る方法【20万以上の作品!】



キャンプへ行く

感染を防ぐためには人での少ないところで外出するしかありません。

誰とキャンプに行くかにもよりますが、家族や友人の少人数で行ってはどうでしょうか?最近では冬キャンプが流行っているようです。

山の中なら感染リスクは少ないですし、自然の綺麗な空気を吸ってリフレッシュすることもできます。

DIY

もし自宅で何もやることが無ければDIYはどうでしょうか?

例えば

・テーブル

・本棚

・傘立て

・テレビ台

材料は比較的安価で揃えることができますし、時間をかけて作ることで愛着感と達成感を得ることができます。

テイクアウト・デリバリーサービスを利用する

外食へ行きたいけど中々いけないという医療従事者も多いはず。

そんな方におすすめなのが、テイクアウト・デリバリーサービスです。最近では大手企業のほか個人営業でもテイクアウトできる店舗が増え、外食のおいしい料理を自宅で食べることができます。

料理作りに疲れた人は一旦休んでみてはどうですか?

今、出前館ウーバーイーツなどでキャンペーンをやっているので、店舗で食べるより安くで食事を楽しむことができます。

コロナが収まってからやりたいことを紙にまとめる

コロナワクチンの接種が海外では始まっているため、後数か月すればコロナから解放される可能性があります。

それまで、自粛を守りコロナから解放されたときやりたいことを決めておきましょう

例えば

・海外旅行へ行く

・アウトレットで服を買う

・テーマパークへ遊びに行く

・温泉に行く

・ライブやスポーツ観戦を見に行く

決めておくと今の時期から貯金が捗りそうですね。

ランニング

仕事は病院。休日は自宅。

医療従事者は建物の中にいることが多いので、休日は外の空気を吸いにランニングしてみてはいかがでしょうか?

早朝や夜中など人手の少ない時間帯を狙って外に出てリフレッシュしてみましょう。

漫画を読む

学生の頃一度は漫画に興味をもったことがあるはず。

漫画って読みだすと止まらないですよね。

最近では鬼滅の刃が人気で僕の職場でも単行本をまとめ買いした人がたくさんいました。

テレビゲームを楽しむ

自粛のお供になるのがテレビゲーム。

任天堂スイッチやPS5など家族ぐるみで楽しむことができるのでおすすめできます。

スキルアップするためにオンラインセミナーを利用する

医療従事者としてスキルアップの勉強のため休日を割くのも充実した休日になります。

看護でいう認定看護師や専門看護師の勉強だけでなく、ブラインドタッチの練習やオンラインセミナーを使ってコミュニケーション能力を磨いたりするのもいいですね。

コロナ予防をするためのおすすめグッズ

先ほど外で楽しむ方法をいくつか紹介しましたが、やはり人が少なくても感染予防のグッズは必要です。

ファミリーガード 手指のアルコール

外に持っていってもかさばらない携帯用アルコール消毒です。

トイレや食事前など時々のタイミングで感染予防を行うことができます。

PITTA MASK 

ポリウレタン素材で肌にも優しく洗って使いまわしできることが特徴です。

色の何色かあるので服と合わせてオシャレできますし、PITTAは感染予防のほか、花粉やUVカットもしてくれる万能なマスクです。

一時期の時に比べるとマスクも増えてコンビニやドラックストアで買えるようになりましたね。

最後に

コロナによる医療従事者の責任感・プレッシャーはとても重いと思います。

感染してニュース沙汰になることだけは避けたいです。。

今回はコロナ禍でもプライベートを充実させる方法について紹介しました。役に立てれば有難いです。