看護師の仕事がつらいなら通勤時間を30分以内で考えよう!通勤時間でストレスを軽減

皆さんの勤務先は自宅から遠いでしょうか?

仕事の日で一番無駄を省ける時間は通勤時間です。

僕は大体15分あれば職場につくことができますが中には1時間かけて職場に来る方もいます。そんな方に伝えたい。通勤時間ほど無駄な時間はないと!!

一日が仕事でつぶれるって嫌じゃないですか?仕事の拘束時間が12時間を超えると気分が悪くなる。。。

なので今回は通勤時間に30分以上かけている方に向けて通勤時間を短縮する方法、短縮するメリットについて書いていこうと思います。

あなたの通勤時間がどれだけ無駄なのか?

先ほども言いましたが僕は通勤に15分かかります。もしも通勤に1時間かけてしまったら僕との差は45分です。往復で90分。

90分あればドラマを二本見れますし、お風呂に入ってご飯を食べることができます。

これは一日の計算ですが実際月に20日ほど勤務しますよね。では月にどれくらいかかるのか???

結果は30時間です。つまり1日以上の差がつくわけです。

僕が家でゴロゴロしている間、あなたは30時間も電車に揺られるということです。電車好きって方には苦痛ではないかもしれませんがそんな楽しく電車に乗る方はよほどいませんよね。

なので通勤時間を無駄にしないために通勤方法を車やバイクに帰るか勤務先の近くに引っ越すことをお勧めします。

バイクは燃費もいいしすり抜け出来て車より早く帰れるのでお勧めです。

電車・バスはダメ

通勤している人のほとんどが電車だと思います。しかし電車とバスはNGです。朝は満員電車に揺られ、夜は帰るタイミングに電車が来ないことがある。場合によっては乗り換えが必要だったり、帰る時間が遅れたりもします。

車やバイク、自転車なら毎日同じ時間に帰れるし電車を待つこともありません。

家や職場に忘れ物をするとすぐに取りに行けないし、いったん戻ると乗りたかった時間の電車に乗れなかったりしますね。

これだけでストレスもたまりますし電車やバスは推奨しません。

寮に入れば5分かからず通勤できますし自由な時間がたくさん取れます!

通勤時間を短縮することでどういったメリットがあるのか

睡眠時間がたくさんとれる

仕事に対してパフォーマンスを発揮するために睡眠時間は欠かせません。近くに住んだり、通勤方法を変えて通勤時間を短縮することによって睡眠時間をたくさん取れます。

僕は普段7時半に出勤していますが起きるのは7時前です。7時前に起きて歯磨き着替えですぐ家を出ます。職場につけば白衣に着替え7時30分に出勤可能です。

特に看護師は患者の情報を取るために前残業があるので朝は早いことが多いです。女性なら化粧もしないといけないし睡眠時間が削れてしまいます。通勤時間が長いと朝がもっと早くなるし起きるのがストレスのなります。

睡眠時間を多くとりたいのであれば通勤方法を変えたり、引っ越しを検討しましょう!

残業してもすぐ帰れる

仕事には残業がつきものです。仕事が20時に終わり帰れば21時。明日も1時間かけて通勤しないといけないから帰ったらすぐ寝る。

こんな毎日精神的にも疲れます。職場の近くに住めば残業しててもすぐに家に帰ることができますし、仕事の拘束時間も少なくて済みます。

結果的に残業せずに定時で帰宅していた時と変わらない状況を作り出すことができます。

プライベートの時間が増える

プライベートの時間が増えるので、仕事から帰宅後に遊ぶ時間や資格や職場の業務に関連する勉強ができますし、様々な時間が活用できます。その他ジムに通ったり、ショッピングに出かけたり趣味の時間を充実させるさせることができます。

好きなドラマを見れたり、先輩に出された課題をする時間を確保できたりいろんなことに時間が使えますね!

夜更かししても困らない

職場や友人の付き合いで飲み会が遅くなったとしても通勤時間が短いと睡眠時間をしっかりと確保することができます。

また夜遅くまで勉強したり、多少の無理や融通が利くので便利です。結果的に睡眠時間は一緒でもその間30分多く勉強ができただけでも大きなメリットです。

最後に

通勤時間を短縮するだけで仕事へのモチベーションも変わります。職場の福利厚生で在宅手当がでたり寮がある職場も多いので検討してみてはどうでしょうか?

通勤時間を短縮することで今よりもっと充実した1日を過ごせるはずです!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。