電子書籍(kindle paperwhite)を半年間使った感想

僕は読書が好きで毎週本を一冊買って読み切る習慣があります。
ジャンルは幅広くですが、最近は自己啓発本にはまっています。(自分の短所を克服するために(笑))

初めは電子書籍なんて興味なかったのですが、学生の頃電車通勤で電子書籍を読んでいる乗客を見ました。初めはカッコイイ、近未来って感じ。と思いました。
早速AMAZONで電子書籍を検索するとセールで約1万円ほどだったのでkindlepaperwhiteを買いました。電子で読むとか本で読むとか特にこだわりはなかったのですが、何故か電子書籍を読む乗客がかっこよくて、僕も電車で電子書籍読みたいな。。。っと思って即購入してしまいました。
購入してから早半年!そんな僕が電子書籍(kindle)のレビューをしていきたいと思います。



メリット

目が疲れない

 

テレビやスマホを長時間使ってると目が疲れてしまいますよね。しかしKindle は本物の紙のような読み心地のE Inkスクリーンを搭載しています。目に優しいフロントライト搭載で、スマホやテレビのバックライトのように目に向けて光を当てるのではなく、ディスプレイの表面を照らすので、目が疲れにくく快適。またお好みに合わせて、文字サイズを自由に調節できます。そのため機械で本を読んでいるという実感がなく電子書籍だから特別疲れを感じるなんてことはありません。

また夜間照明を消した状態で本を読みたい!と思った時、まったく眩しさを感じずクリアに見えるので寝る前の読書に役に立ちます!

防水機能搭載

kindleはIPX8等級の防水機能を備えています。真水で水深2メートルまで最大60分耐えられるので、うっかり水に落としても安心

僕は家で半身浴しながら本を読みたいと思ったことがあって、本だと濡れちゃいますよね。しかしkindleなら水に気にすることなく読書することができます。(電子書籍のメリットって感じ)

 

持ち運びが楽

kindleは縦16.7㎝横11.6㎝厚さ8.18㎜のスマートな電子書籍です。重さもたったの213g!!本って持ち運びするとき邪魔になるときありますよね。曲げたくもないから十分なスペースが必要だし。また旅行などの移動中本を読みたいときなど何冊も持っていけませんよね?でもkindleならダウンロードできるので何冊でもkindle一つで事足ります!

 

充電持ちがいい

充電持ちは別格です!毎日読んでも一週間は絶対持ちます。使わなかったら2週間以上持ちます。それほど充電持ちがよくストレスがたまりません。

 

定価より安くで本を読める

kindle版で買う場合、定価より安く買えます!kindle自体に1万ほどかかりますがkindle版の場合、定価よりも半額ほどで購入できるので本をたくさん買う人にはお勧めです!またkindleには無料で読める本がたくさんあります。漫画や小説など、人気のない本が多いですが、読むと面白い本もたくさん潜んでいます。

デメリット

パラパラ本を読めない

本だと目次を読んで好きなページにすぐ行ったり、前の話にぱっと戻ることができますよね!kindleにも目次から各章まで飛ぶ機能がありますが、動作がもっさりしており好きなページにすぐ戻ることができません。

のんびりペラペラと読む僕にはあまり関係ありませんが本のようにページを行き来できないのはデメリットだと思います。

 

本を読んだ気にならない

本なら読み終えたら本棚に直します。僕は毎日目の届くところに本棚があるので、「あーこの本はこんな内容だったなあ」って思い返すことができます。kindleは読み終えれば、削除したり残っていてもページの下の方に眠ってしまうのでどんな本を読んだのか思い出せない時があります。

また本棚に本を集めることで本のコレクションができますよね!それが読書好きの快感でもありますが電子書籍ではスマートにkindleの中に入っているだけ。収納するスペースがなかったりする人には本が邪魔にならないしメリットになりますが本をコレクションとして残したい人にはデメリットですね。

 

最後に

僕は現在もkindleを使用していますが、本と電子書籍どっちかを選ぶとしたらを選びます。しかし、外で何冊も読むことやお風呂で読書ができることは電子書籍ならではだと思います。まだまだ本に勝つことはできませんがTPOに合わせた使い方をすれば有効的な活用ができると思います。

実際僕もお風呂や電車内で電子書籍を使っていますし、買ったことを後悔していません。もし購入を考えているのであれば是非買ってみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。