読むと人生変わる?看護師がオススメする自己啓発本3選紹介

僕は最近時間が空くようになればすぐ読書する習慣をつけています。(読み始めたら面白い)

よく本屋さんやブックオフに行って本を探したり、アマゾンで口コミの良い本を買うようにしています。

そんな僕がおススメする本三選をお伝えしようと思います。



アウトプット大全

この本はアウトプットについて話し方、書き方の視点でノウハウがまとめられた良本。

いくら本を何冊買ってもアウトプットしないと知識が定着せず無駄になるのでどのようにアウトプットしていけば効果的なのか書いています。僕自身も本はたくさん読みますが何故か本の内容が思い出せない。。。この原因がアウトプットであることに気づかされました。

また読書だけでなく勉強にも使えるノウハウがのってある為、勉強が苦手だという方にもおすすめです。

アウトプットの方法も幅広くある為自分のスタイルに合ったアウトプットも見つかると思うので是非読んでみて下さい。

時給思考

僕の一番好きな著者である金川顕教さんの本です。

この本はいかに人生を無駄にせず生きているか、さっきの1時間にどれくらいの生産性があるのか考えさせれる本です。

時間には四種類あって最低限必要な時間、達成のための時間、楽しむ時間、無駄な時間があり、僕らの大半は無駄な時間を過ごして達成のための時間が作れていません。無駄な時間は何なのか?と考えると、無駄な行動も減り、充実した1日を送ることができます。

1時間の生産性を上げるためにどうすればいいか、どれを捨てるべきなのかわかりやすく以下ています

何事も行動ですが、せっかくの休みを台無しにしている人や、好きなことをしたいけど時間がない。って方に読んでほしい本です。

 

美貌格差

見た目で生涯年収の差は2700万円?!ブサイクな人は保護されるべき?着るものや化粧、整形手術に効果はない。企業業績、選挙の結果、融資の条件、寄付金集めにも影響。労働経済学の権威が20年かけて解明した「衝撃の真実」。

美しい人は所得も高く、知性も高い傾向である。そのため美しさには価値があり得だと書かれた本です。皆さんも周りで美しい人は何かと得していることが多いと思いませんか?なんで不細工は美人に勝てないのか?なぜ美貌格差が生まれるのか?

そんな考えをお持ちの方におススメです。共感できることが多かったです。

 

最後に

読書は自分の思考力とか読解力が身につくし、自分が考えもしなかった知識がいっぱい載っています。

本を作る方もそれなりにできる人(成功者)でないと書けないし本屋さんで売れることもありません。それほど価値のある本が1000~2000円で売られているってとてもお買い得だと思います。

僕がおススメした本以外にも自分が興味を持った本を読むことで自分の人生か変わると思います。



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。