看護師を目指す理由は持っておけ!面接で志望動機を伝えるときに使える!

看護師について皆さんはどのようなイメージを持たれていますか?

僕は看護学校に入るまで高給料でみんな優しく、とてもやりがいがある職だと思っていました。しかし実際看護の現場を見ると、仕事に見合った給料ではないし、先輩看護師は鬼のように怖い。ケアや処置以外にもナースコール対応や入退院処理が大変で毎日クタクタになります。

僕は社会経験がないのでどのくらい大変なのかほかの会社と比較することができませんが看護師になるにはそれなりの体力メンタルがないとやっていけないと思います。

そんなことはいったん置いといて、、看護師を目指す方に向けて少し情報提供しようかと思います。



なぜ看護師になりたいのか

看護師を目指すにはそれなりの覚悟が必要です。看護学生になると周りの大学生とは全く違う生活を送ることになります。

髪色は指定されて、鬼のような課題、臨床実習では睡眠を削って記録がたくさん、学生なのに自由の時間が少ない。。。(おまけに看護師になっても勉強しなければならない。)一方大学生は休みも多くアルバイトもよくできるので好きなものを買ったり、友達と遊びに行ったり、楽しい生活を送っています。中途半端な気持ちで看護学校に入ると大体大学生の生活に嫉妬して退学してしまいます。

なのでなぜ看護師になりたいのかを明確にすることが大切だと思います。僕の場合人の役に立つ仕事がしたかったので看護師を目指すことにしました。実際実習で何度もメンタルがやられてしまうことがありましたが、患者に「あなたがいてよかった」と感謝されるたびに看護師目指してよかったな。と実感します。

安定した給料が欲しいから。女性としてのステータスが欲しいからなどどんな目標でもいいと思います。目標をもって看護師を目指すことを薦めます。

看護師の良いところ・悪いところ

そんな看護師の良いところ悪いところを簡単に紹介していきます。

メリット

・患者に感謝されるとやりがいを感じる

・資格が取れる

・医療処置ができる(点滴、注射、喀痰吸引、導尿など)

・患者の笑顔が見れる(結構重要)

・就職先に困らない

・何歳からでも目指すことができる

・医療の知識が身につく(自分や家族の体のことを理解できる)

・コミュニケーション能力が身につく

特に医療処置ができるのはすごいことかと思います。僕らは普通のようにやっていますが、実際知識や根拠がないと行えませんし、医療スキルを持っていると、周りから頼りにされます。

デメリット

サスケ

次はデメリットを見てみよう

・シフト制・夜勤で生活リズムが崩れる

・肉体労働

・汚い(排泄物や体液を扱うことがあるから。慣れれば問題なし!)

・給料が横ばいで中々上がらない

・女性社会だからギクシャクする

どの職場にもデメリットはつきものなので看護師の仕事も割り切ってやることが大事ですね。

最後に

看護師になって文句を言う方もたくさんおられますが僕は素敵な職だと思います。職場環境は苦手ですが患者に看護することはやりがいがあってとても楽しいです。看護師になるまで険しい道のりですが、看護師を目指す方はとにかく頑張りましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。