看護師を目指すうえで知っておきたい知識!看護師の長所と短所を抑えておこう!

看護師は専門職なので普通のサラリーマンとは仕事の特性が違います。

看護師に対してやっぱり良い点が分かっていないと目指しにくいし続かないですよね。なのでまとめてみました。



看護師の良いところ(長所)

夜勤・残業で若いころは平均より給与が良い

病院は24時間体制なので平均4回/月ほど夜勤があり夜勤手当で1回につき1~2万円ほどもらえます。病院によって手当や夜勤回数も違いますが、看護師は夜勤をすることによって、平均より高い給料を維持することができます。

また看護師は仕事量が多く緊急入院や患者の急変などによって残業することが多々あります。残業は大変ですが、残業代は普段の給料+25%もらえるので、残業代で給料を上げることもできます。このご時世まだまだ残業はあり続けている傾向なので、残業で足りない資金を作ることができます。

女性は将来パートナーと結婚した時、自分の収入が家計の支えになり、他と比べても収入は高いでしょう。

注意
しかし男性からすれば高給料どころか、将来平均より給料が下回ってしまうので、安定した職とは言えないでしょう。

資格があれば全国どこでも働ける

看護師免許さえとれば、全国どこだって働けます。地方に異動なんてこともないので、引っ越しを繰り返さなくて済みます。逆に将来都会で働きたい、田舎がいい。と思うなら好きなところで仕事ができます。

また看護師は生涯人手不足と言われるほど人手が足りていないので、転職活動にに苦しむことがありません。コロナの影響でリストラなんでこともありませんし、病院は常に看護師を求めています。

職場環境が嫌で転職したいってときでも、簡単に次の職場を探すことができます!

もし転職について検討されている方は次の記事をご覧下さい。

【ストレスから解放!】新人看護師にオススメする転職サイト5選

病院の奨学金制度がお得

先ほどの話に合ったように看護師は人手不足なので病院側が奨学金を貸し出すケースが多いです。条件は3~4年間借りた病院で勤務すること。その代わり、借りた奨学金全額免除になる!

月に5万借りられたとして3~4年借りると180~240万タダでもらえることになります。専門学校に入るならほとんど奨学金で学費を払うことができるでしょう。家に学費を払うお金がない。払うと家計が厳しい。なんて方にはお勧めです!(借りる病院はしっかりと調べた方が後で後悔します)

また奨学金を借りることによって就職が早いうちに決まってしまいます。就活の時期は実習や卒論で忙しいので就職先を先に決めておくと後々楽です。

医療を学ぶと人生に役立つ

医療って難しいですよね。僕も看護師目指すまでは本当に無知でした。

両親の介護緊急時の対応自分の健康など素人では知識に限界がありますが、専門職なら正しい知識を幅広く活用でき人生に役立てることができます。

勿論他の職業でも人生に役立つことは多いですが、老後の健康管理にとても役立つと思います。

人のために働くので、やりがいを感じられる

っぱり看護師をするうえで一番大事なことですね!僕もこれがなければ看護師を目指していません。

入院時はぐったりしていた患者さんが退院時に元気な姿を見るとやっぱりうれしいです。患者の保清や吸引・導尿等の看護処置もやりがいを感じるのでとても楽しいです。

なので人のために頑張ってるなー。って実感しながら仕事ができることはうれしいです!

女性が多い

高齢者は看護婦さんと呼ぶこともありますが、元は女性の職。最近は男性も増えてきていますが全体の2,3割程度でしょう。僕の病院にも男性看護師は20人もいないです。まだまだ女社会ですが、女性の多い環境で働きたい人のはおすすめです。

※注意※

女性目的で看護師を目指す男性諸君にはおすすめしません。

女性看護師はサバサバして気が強い人が多いです。(仕事をしていく上で必要でもあるスキル)

また思った以上にドロドロしています。(見てるとしんどい)男として見られていないし、恋愛の的はお医者さんに回ることがあります。

女社会は僕が思った何倍も怖いです。

しかし「男性がいると和む」ともいわれるのでいいムードメーカになれるでしょう!

看護師の悪い所(短所)

職場環境が悪い

看護師は命を預かる仕事であるため、職場は常にぴりついています。

テキパキ動かないと仕事をこなすことができませんし、曖昧な考えだと患者の生死に関わります。こういうこともあって職場の環境は他の職場と比べて悪いでしょう。

看護師は気の強い方が多いですし、頭の切れる方ばかりです。そういった職場で働くためストレスを抱えながら働くので身体的にも精神的にも参ってしまいます。

男性目線で考えると実は給料が低い?

男性目線で考えます。看護師の給料は決して高くはありません。

現在僕の給料は1年目で手取り27万円くらいあるので平均より高いと思いますよね。しかし僕の職場の看護師(10年目)の手取りは31万円。

これを見るとどうでしょう。

先輩は特に管理職にはついていませんが、僕と給料が4万円しか変わりません。

看護師は若いころから給料が高いのが特徴ですが、年を取っても中々昇進することはありませんし、給料も上がりません。なので30代を超えだすと看護師の給料は平均より低い位置にいます。

家族と時間を合わせるのが難しい

看護師の仕事は不規則で土日祝日関係なく仕事があります。

また看護師には夜勤があるので、家族とプライベートの時間を合わせるのが難しいです。

将来子供ができたとしても買い物や旅行に一緒に行けなかったり、行事に参加できなかったりします。

最後に

看護師は世間から見てもいい印象を持たれやすい職業ですよね。

しかしその分身体的負担も大きいですし、今のコロナ化だと感染してしまうリスクだってあります。実際の看護師は現実を見て看護師のメリットに気づけていないところが多いですが、看護資格は誇りを持っていいかと思います。



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。