患者に与薬する薬剤の覚え方・ポイントについて抑えておこう!インシデントや医療事故は未然に防ぐもの

患者さんに薬剤を与薬するとき

患者

これなんの薬?副作用ってありますか?
何てことたくさん聞かれると思いますが、看護師が薬剤の作用を覚えていないと答えられないし、患者さんに不信感を与えてしまいます。

以前このようなアンケートをしましたがやはり作用を理解できていないまま配薬してしまう看護師は多いようです。

薬剤の名前はカタカナで読みずらいし種類も多いから覚えるのは大変ですが、きちんとした覚え方をすれば、簡単に覚えられます。

なので今回は病院で使う薬剤の作用の覚え方についてお伝えしていこうと思います。



与薬する前に薬剤の作用を調べる

正直これが一番大事だと思います。

薬の作用が分からないならすぐ調べましょう。本で調べてもいいですし、僕はカルテに検索機能があるのでそれを使って調べています。

看護師は時間との勝負ですが、患者さんに必要でない薬剤を投与した場合看護師に責任を問われてしまいます。なので時間がないなら先輩や同期に聞いてから与薬しましょう。聞くことは恥ずかしいことではありませんし、そこで怒られたならよりその薬剤を強く覚えるきっかけになるでしょう。

けど基本は自分で調べましょう。自分で調べることで自分の知識やスキル向上につながりますし、分からない薬は調べない限り一生分かりません。

与薬するとき患者に薬剤の説明する

点滴や錠剤など薬を投与するとき必ず説明しますよね。

その時に薬の作用や、副作用、目的などを説明すると思います。このタイミングを使って得た薬剤の知識をアウトプットしましょう。言葉に出した方が暗記できますし患者も納得できるし一石二鳥です。

ここで患者さんから質問が来て答えられなかったらそれは自分の不足した知識です。ラッキーだと思いましょう。

患者の背景を理解して何故この薬剤が必要なのか考える

利尿薬や抗凝固薬など薬にはそれぞれ作用が違います。

医師は目的をもって薬剤を投与するわけですが、看護師もその目的は知っておくべきです。

大体は疾患や既往歴・症状が分かっていれば理解できると思います。患者の全体像をとらえることでその人にあった看護が提供できますし、今どのような治療をしているのか理解できます。

これは看護学校の時に習った6Rの正しい目的に当てはまることになります。誤薬防止にもつながりますし何故この患者にこの薬剤が必要なのか考える癖をつけましょう。



処方箋で日ごろから薬の作用を見る癖をつける

処方箋には素人目線で作用や副作用が載っています。

そのため薬剤に対して知識がない看護師は素人同然なので、処方箋はとても分かりやすくて頭に入りやすいです。

日々の勤務でそれぞれの患者さんの処方箋はよく見るはずです。どのような作用があるのか、その患者はどのような薬を飲んでいるのか、患者と薬と作用を紐づけていきましょう。

僕は夜勤の時間があるときは患者さんの処方箋をじっくり読んでいます。

メモを取る

薬はたくさんありますが、それぞれの診療科で使う薬は限られています。

なので必要最低限覚えなければいけない本科の薬剤はポケットサイズのメモ帳に記載するのもありでしょう。そしてメモしたらそれを家に持ち帰って作用副作用等を記載して、いつでも勤務中見返せるようにしておく。

手書きの方が覚えられる人もいるでしょうし、勤務中に調べることができない人はメモ帳に書いておくことがおススメです。

まとめ

患者に与薬するときは必ず、薬剤の作用を知っておくことが大切です。わからないなら何度も調べましょう。

僕はお気に入りの患者や、問題児の患者の薬剤はすぐに覚えました。何なら患者を覚える感覚で薬剤の作用・副作用を覚えることができました。

知らない薬を投与するのは自分自身も怖いでしょうし与薬するときは薬剤を調べる習慣をつけましょう!