一日が上手くいくTODOリストの書き方。おすすめアプリも紹介

毎日いろんなことを考えて仕事や勉強に集中できなかったり、一日を無駄に過ごしてしまった方もいるのではないんでしょうか?

勉強や仕事をしたいという意思があるにもかかわらずー日の達成感は0なんて方はもっといないですよね。

そんな人に仕事や勉強をを効率よく終わらせたりや、休みの日を充実させてい人に向けて1日の計画の立て方について話していこうと思います。



寝る前に明日やることを書く

人間は生活する上で様々な決断に迫られます。朝服を選んだり、今日のご飯を決めたり、勉強する科目を決めたり色々決断することがあります。この決断によりタスクをこなしていくにつれて、徐々に生産性が落ちていきます。

またその日の中で新しいタスクも増えるでしょう。そんな時、決められていたタスクを理解しておかないと、やるべきことを忘れたり生産性の低下につながります。

そのため朝からの決断を少しでも減らすために前日からやることを決めます。細かく書く必要はありません。

例えば、、、

・マーベルの映画を見に行く(3H)

・スーパーでリンゴを買う(1H)

・呼吸器の勉強をする(2H)

・郵便物を出しに行く(30Min)

・の本を読む(1H)

こんな感じでざっくりとやることを箇条書きで書いていきます。大体5~10個ほどの間で収めてください。推定される時間を書いておくとさらに効率アップです。

ちなみにGoogleのTODOリストというアプリを使えば書かなくてもスマホでやることを確認することができます。(メモアプリで代用可能)

Google play

apple store

優先順位をきめる

TODOが書けたら次は優先順位を決めます。

休みのある日なら必要性の高いものから番号を振っていき、仕事や学校のある日なら一日の流れに合わせて効率性を考え番号を振る。

頭の中で優先順位を決めることって難しいですよね。どれをすべきでどれは後回しでいいのか考えて立ち止まったりすることもあるはずです。2,3個ならどうにかなりそうですが、、、しかし一日を充実させるために数個では収まらないと思います。どれをやるべきか優先順位を考え急なイレギュラーに対応できるようにしていきましょう。

翌日決めた順にTODOを実行させる

ここまで来れたら後はTODOを実行させるのみ。

しかし一日を過ごす中で、あ、これやらないといけなかった。とか上司に仕事を頼まれることがありますよね。こういった時はTODOリストに戻り、タスクをリストの中に入れる。そして優先順位を立て直す。

時間がなければ優先順位の低いタスクを切り捨て、優先順位の高いものだけでも実行させる。

こうするここで抜けなく充実した1日を過ごすことができます!

最後に

TODOリストをはじめからこなすことは難しいですが、徐々に修正を重ねることで、一日の生産性が上がります

看護師でも多くの決断があり患者の状態や多職種との調整でスケジュールがすぐ変更になれます。あらかじめTODOリストを作ることで迷うことが無くなります。

是非実践してみて下さい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。